和風のお住まいに合わせた存在感のある生垣施工。モミジが顔を覗かせる風景を。

ご新築に伴いお庭周りの施工をさせていただきました。施工内容と致しましては、まず生垣が中心となります。立派な木造家屋に相応しい生垣とする為、通常よりもやや背の高い設計となっております。

道路から眺める位置とお住まいの位置から、必要なサイズを割り出した生垣です。

104
使用植栽は紅花トキワマンサクの為、刈り込んだ枝が急速に太ってしまう事はございません。 数年後には、ちょうど目線の高さまでの目隠しスクリーンとなってくれる事でしょう。 骨組みは生垣が充実するまで目立つ存在でありますので、仮設ながらも美しく作る事が大切です。 竹の曲がり方向や太さ、向きに留意して組み上げております。

芝生の庭の持つ広々とした雰囲気を活かすシンプルなデザインを。

106
お庭は芝生の空間とし、左流れのモミジを植栽しております。道路より一段上がったお庭ですので、生垣による目隠しが非常に効果的な条件となっております。生長後は紅色の壁となり、モミジや芝生の緑色をさらに引き立ててくれる事となります。

最適な植木の位置関係を確認の上、植栽を致しております。

105
生垣はアプローチ部分までやや折り返した所まで続き、入り口付近を軽く隔てております。インターホン付近からの写真ですが、リビング窓をやや目隠しするソヨゴの効果がお解かりいただけると思います。 お住まいからはこちらのソヨゴ越しにお庭を眺める為、遠近感を感じられます。