玄関周りを目隠しする人工竹による垣根の施工。道路からの目線を広範囲に渡って上質に目隠しする垣根です。

1
玄関付近の様子です。15メートル以上に渡り施工された人工竹垣は奥まで続き、土地の高低差に合わせ段差をつけて施工をしております。突き当たりより更に左手へ垣根が続く、上質な垣根の景色となっております。御簾垣タイプの人工竹垣はパネル式の物とは異なり、積み上げた塩ビ製竹材同士の間に僅かな隙間が生じますが、目線はほぼカットするレベルとなります。

小さな植物も綺麗に浮かび上がる垣根の風情。メンテナンスフリーで末永く景観を保ちます。

2
奥より玄関を振り返った垣根の眺め。普段は目立たなかった何気ないマンリョウなどの植物が活き活きとして見える様になります。垣根の持つスクリーン効果は大きく、どんな小さな植物や冬に寂しげに見える落葉樹も存在感を発揮する様になります。御簾垣タイプの垣根は施工距離が長い程繊細さを増し、積み上げ竹の連帯感、縛り目揃いの美しさが際立ってまいります。

道路から眺める人工竹垣が続く景色。懐かしさと美しさを兼ね備えております。

3
通りに面する玄関周りを広範囲に渡り目隠ししている事がお解かりいただけると思います。右手に見えます土地の段差は、垣根そのものの高さを変えて連結し、銅縁材(横フレーム)の高さの位置が違和感無く繋がる様に調整して施工を致しております。もちろん縛り目は両イボと呼ばれる両面縛りを採用。表裏どちらからも縛り目の続く垣根の景色を眺める事が出来ます。