日陰の立地条件を活かした和風のお庭。蹲からの水音で静寂を演出致しました。

■ 駐車場とお庭の区切りには、視線も風も通す四つ目垣を。
■ 植栽品種は耐陰性、耐乾燥性に優れた品種を使用致しました。
■ 庭石は小さめに抑えながらも険しさや自然味が感じられる様に施工致しました。
■ 水捌け対策として庭の土壌改良や、砂利を厚めに敷き詰める事等で対応致しました。


お庭づくりは、まず駐車スペースの区切りと生垣作りから行いました。 風も視線も通す四つ目垣が、和風のアクセントを加えます。

w2植栽・庭石共に圧迫感を感じる様な大きい材料は使用しておりません。
小ぶりの材料を点々と配して、どこか上品さを感じられるお庭の造園を心がけました。
自然樹や下草類が主役のお庭ですので、メンテナンス性にも優れた空間となります
日陰ならではの静寂さを味わえるお庭です。


日陰の立地に静かに佇む和風のお庭です。日陰向きの植木を使用し、濃緑色の植栽を多く使用致しました。
葉の色の明るい洋風の植栽は使用せず、静かな雰囲気を損なわないお庭を演出致しました。


低木類を中心にあしらった手水鉢周り。濃緑の葉が印象的なカンツバキや、ラン系の下草類を多数添えてあります。
写真奥は駐車場ですので、庭への風通しを妨げない様に四つ目垣で仕切っております。


手水鉢へ水を落とした様子です。静かなお庭ですので、水音が心地よく響きます。
日陰のお庭ですので、周囲の庭石には時間をかけて苔がつき、より趣あるお庭となっていく事と思います。
こちらのお庭の施工の様子はお庭づくりブログ:足立区O様邸造園工事 日陰にひっそりと佇む和風の庭づくりにてご紹介をさせていただいております。