お住まい脇の細長いスペースへ施工した小さな庭。シェードガーデンとして植木や庭石が通りを華やかに彩ります。

208
常緑樹の種類におきましては、コンフューサやマサキ類、ヒメシャリンバイなど、日陰がちな場所でも色味を失いにくい特性の植木を選んでおります。自然形の落葉樹などですと通りへ簡単に枝を伸ばしてしまう事に注意する必要がございます。細長いお庭は植木が一直線に並んで見える為、足下のデザインに工夫を凝らす事がより大切になります。

シンボルツリーは玄関へ寄り添う様に植栽し、お住まいとの一体感を

211
左写真:玄関に寄り添う様に植えられたソヨゴ。シンボルツリーとしてだけではなく、庭とお住まいとの一体感を演出する役目も担っています。植栽は向きだけに捉われず、角度や高さまで意識して決定します。
右写真:前後に揺らす様に配されたみかも石に、ランダムなラインの下草類を合わせた庭デザイン。日陰気味なお庭だからこそ可能な組み合わせはたくさんございます。

お住まいのみならず、通りも美しく彩る優しい印象の小庭と致しました

210
落葉樹の植栽はブルーベリーやアロニアを配し、四季折々の姿を見せます。常緑低木類もポイント毎に植栽し、様々な大きさの植木を混在させております。小さなお庭には繊細な葉を持つ植木がよく似合います。

暗くなりがちな北側スペースも、資材を工夫する事で明るいシェードガーデンに

209
日陰地でも明るい色彩を放つ庭石と錆砂利。少量の日光でも反射効果で全体を明るく見せ、北側道路そのものを明るくしてくれます。シェードガーデンのデザインは大きく分けて2通りあり、日陰を明るく見せる庭、日陰らしくシックな印象を残すお庭に分けられます。こちらの施工例では玄関周りの印象を明るくする為、前者を踏まえたデザインと致しております。

こちらのお庭の製作風景はお庭づくりブログ-足立区S様邸植栽工事 庭石を配した小庭風の空間作りの様子にてご覧戴く事が出来ます。