玄関へのアプローチ横に設けられた植栽用スペースを活かし、色鮮やかな洋風の小庭に仕立てました。

豊島区のK様邸の玄関横には、植栽を施す為の土スペースが設けられておりました。

直線で形成された四角形のスペースは、植栽のみで仕上げますと四角形をぼかす事が難しく、単調な風景に見えてしまう事もございます。 また、全面に植栽を施しますと手前の通路が狭くなり、通行はもちろん散水などのメンテナンスが困難になる事が考えられます。

今回の様な場合はスペースの半分程を砂利のエリアとして足場に余裕を持たせる事により四角形の輪郭がぼかし、小庭として自由なデザインを描く事が出来ます。
小さなポイントながらも目を引く様に、色彩は明るい色を多用した鮮やかな洋風の庭となっております。

1
玄関横を彩る、明るい色を多用した小さなお庭です。シンボルツリーとして1本のみの植木を際立たせるのではなく、常緑樹と落葉樹の双方を自然に植栽した構図となっております。 窓から緑を望む位置にはソヨゴを、横にはアロニアを添えて小庭らしさを出しております。

4
ライン取りとして施工したみかも石の庭石組みです。仕入れの際に特に色味の良い物を吟味致しました。やや大きさの異なる石を隣り合わせ、直線模様にならないデザインを心掛けます。小さな庭も場所によって日当たり具合は大きく異なります。それぞれの場所の特性に合わせた下草類を植栽しております。

3
最も長時間陽の当たる箇所にはセダムを植栽して生長まで放任します。その他の部分は陽照りに耐えるコニファー系グランドカバーを前面に出して輪郭を整えます。陰にはセキショウ類その他下草類を植栽致しております。

2
お庭に立体感を感じられる様に、砂利エリアと植栽エリアは高低差を付けております。石を隙無く組む事や、砂利を厚く敷くなどの工法により、散水時の流土を最小限に留めます。 脇役のアロニアは秋には主役となる紅葉を見せる為、小さな庭でも季節感を感じる事が出来ます。玄関周りが賑やかな洋風空間となる事で、お住まいそのもののイメージも明るくする事が出来ます。
また、こちらのお庭の施工の様子につきましては、お庭づくりブログ-豊島区K様邸造園工事-玄関前での小さな庭づくりの様子にてご紹介をさせていただいております。併せましてご参考下さいませ。