和室より眺める蹲周り。お住まいに寄り添う自然風景。お住まいの様々な角度から眺める事を前提に、見所を散らした和風のお庭です。

■ 主にお住まいの中から眺める事を意識してお庭を施工致しました。
■ つくばいは他からは見えず、和室からのみ眺められる配置になっております。
■ お住まいから常に見えるスペースは、眺めて落ち着ける雰囲気を大切に致しました。

お庭の最奥部に設えた蹲。陰影を感じる静寂な雰囲気となっております。


普段はお住まい和室より眺めるつくばい周りを遠くから見た様子です。お庭の最奥部に見え隠れする空間です。蹲の背景は常緑樹の植栽で整える事で、冬季の落葉樹の姿を引き立ててくれます。 織部燈篭に寄り添うのは枝垂れモミジとミツバツツジ。背後は大きめの椿を主軸に、ヤマボウシやソヨゴが木立を形成しております。


メンテナンス性の良い植栽を添えたつくばい。成長を見据えた雑木類の下に広がる特別なポイントです。毎年のようにメンテナンスの必要な植栽はごく少数のみで構成しております。 ヒイラギナンテンやサルココッカ、ヒュウガミズキ等を添え物と致しております。

お住まいに寄り添う部分には、自然味も感じられる優しい庭風景を。


和室前とは異なるリビング~縁側より眺められる部分です。居間からの眺めにふさわしく、柔らかなお庭と致しました。この先も成長させたいヤマモミジの足元には白山吹を控え目に。周囲で庭石が静かに佇みます。モミジの幹元を頂点とし、なだらかに下る傾斜。庭石もそれに呼応する様に伏石として据え付け、お庭全体のバランスをとっております。

こちらのお庭の施工の様子はお庭づくりブログ-葛飾区O様邸造園工事 お住まいから眺める和風の庭づくりにてご覧戴く事が出来ます。