立水栓へ向かう洋風平板アプローチと小さな花壇を添えたシェードガーデンです。

花見川区のA様邸のお庭は日陰環境にございましたが、ご新築時に芝生を植えられておりました。 芝生は徹底した日向環境にございませんと年々傷みが進み、ゆっくりと雑草化してします特性がございます。

今回は傷みかけておりました芝生を一掃し、日陰の環境を考慮したお庭、シェードガーデンとしてリフォームをさせていただきました。
こちらのお庭の施工風景は、お庭が出来るまで:花見川区A様邸お庭リフォーム 日陰に作るローメンテナンスな庭にてご紹介をさせていただいております。

奥深さを感じるアプローチとシンプルな植栽配置による、日陰の庭デザイン。

221
左写真:お庭の入り口となる部分です。茶系みかも石の組み付けから始まる花壇(植栽スペース)が見え、奥の様子を見え隠れさせます。
右写真:シンボルツリーとなりますのは単幹のソヨゴです。1本幹で整った物は数も少なく希少なソヨゴです。お庭の中では最も明るいこちらの部分へ植栽する事で、葉色と葉数を維持出来る様になります。

自然石とも馴染む洋風縁石が、日陰のお庭を鮮やかに彩ります。

223
植栽スペースの構成です。明るい、色の強い素材を使った洋風デザインの花壇は日陰の雰囲気を明るく一変させます。割肌感を残したイエロー系の縁石は庭石とも馴染みやすく、足元からお庭を彩ります。アロニアやツリバナ、下草類の作る緑のスペースは、日陰地で色鮮やかに育つ様に素材を吟味しております。

平板アプローチは目立ち過ぎないシックなカラーを選択。経年を感じる雰囲気に。

222
アプローチに使用した洋風平板は、石を削り出した様な質感を再現したコンクリート製品です。経年を演出した高耐久の塗装が施され、シェードガーデンを上品に演出します。