低い生垣では対応出来ない目隠しエリアを樹脂フェンスでスッキリと隠します。

船橋市K様邸には低い生垣が設けられておりましたが、背が低いままなかなか高く生長せず、その反面道路側の刈り込みメンテナンスが大変な状況でございました。

生育の思わしくない生垣の様子。キンモクセイが中心に植栽され、お庭を占拠してしまっておりました。

1
こちらの生垣を撤去するにあたり、地面の底部に造成前のコンクリート基礎が残っている事が解りました。
つまりコンクリートの上に植木を置いて土をかけた様な状態でありました為、良好な生育は期待できません。
手間いらずの樹脂フェンスを施工して、道路からの目隠しとします。
施工作業の様子は船橋市K様邸目隠し対策工事 道路沿いの樹脂フェンス施工にてご覧いただく事が出来ます。

薄くもしっかりした樹脂フェンスにより、目隠し効果とお庭の広さの両方を得る事が出来ました。

2
生垣、樹木を伐採し、樹脂フェンスの施工を終えた様子です。 道路にはみ出す事も無く、窓が見え隠れする状態にする事が出来ました。生垣の越境も気にする事が無くなりました。

道路からお庭への目隠し効果の様子。

3
お庭からの様子です。 フェンスの高さは標準の柱材では最高の高さとなる1.8mとなっており、十分な目隠し効果を発揮します。 生垣や大きくなってしまった樹木が無くなり、お庭も広々と改善されました。
こちらの空間に施工したお庭は、船橋市K様邸 フェンスの陰を庭石で明るく彩るガーデンにてご覧いただけます。

屈折部分の接合も隙間無く施工。僅かな角度違いによる隙間を防ぎます。

4
反対側のアングルからのフェンスの様子です。 少し変則した角度の部分は、2ヶ所に施工したフェンス同士を限界まで近づける事で、曲がったフェンスとして見せております。隙間は1.5ミリ程で、視線は完全に通しません。