道路から見えてしまうリビングの窓を、人工竹垣根(御簾垣タイプ)と庭木戸で柔らかく隠しました。

A様邸はリビングの窓が道路からよく見えてしまっておりました為、玄関に接した目隠し用の人工竹の袖垣を施工致しました。必要なサイズにて設計し、お庭にて部材を組み上げていきます。組み上げ済みの製品は無駄も生じ価格も割高となりますので、通常はお勧め致しておりません。


目隠し効果はもちろん、植木の緑が垣根の存在を際立たせてくれます。庭木戸の奥は小庭を施工致しております。垣根があるおかげで、植栽は葉の少ない上品な物を植栽する事が出来ます。


木戸を入った部分は自然石も少し配した和風の小庭となっています。 敷石に使用しております御影石は、いわゆるノミ仕上げの物で、加工跡の味を残したタイプです。

136
垣根の表裏それぞれの様子です。 表面は葉数の少ない上品なソヨゴを植栽し、小石と下草類でまとめております。 裏手は植栽の生育条件が厳しい場所ですので、南天やヤブコウジを添える程度に留めています。