立水栓へのアプローチに合わせ、左右に植栽コーナーを設けた洋風デザインのお庭。小さな面積で多様な表情を見せるコンパクトガーデンとなっております。

1
施工前より設置されておりましたお庭中央の立水栓。こちらへ向かうアプローチを中央に施工して左右に植栽コーナー(花壇様式)を配置致しました。花壇としての表情も持つ植栽コーナーはみかも石を組んで構成し、自然味と洋風らしさを兼ね備えます。植木は常緑樹を中心に植栽し、あらゆる色合いが楽しめる小庭となっております。

常緑樹らしい色合いを感じる植栽群。左右に振り分けられた植栽配置により、小さなお庭を広く見せます。

2
左写真:こちらは玄関アプローチにも接する部分であり、門からも視界に入る箇所となります。白壁に映える様に、赤葉の紅花トキワマンサクをメインに植栽しております。足下はプリペットやセキショウ、ブルーマウンドなど、洋風石組みにもよく似合う低木・下草類でまとめております。
右写真:小庭の奥より振り返った眺めです。アプローチに使用したのは洋風らしさを醸し出す石調平板です。植木の色合いが前面に感じられる様に、色味を抑えた資材を選択しております。アプローチ周囲は細部まで雑草対策を施したうえに砂利敷きの仕上げと致しました。

アプローチは「空間」としての意味合いも持ちます。中央に風が通り、低木・下草にも良好な環境を作り出します。

3
中央の平板アプローチは歩行部分としての役割が大きいところではございますが、風通しや日当たりを庭全体にもたらす役割も担っております。中央に空間が取られる事で、植木の足下で傷みがちな低木類や下草類の生育環境が整い、病虫害の抑制にも効果的です。また、この様なお庭デザインの場合はお庭の隅々まで植栽が充実している様に見せる視覚的効果もございます。特に道路など、敷地外からの眺めが大変美しく感じられる様になります。
ポートワインやフェイジョア、マホニアコンフューサなど、色濃い常緑樹が洋風の雰囲気を放ちます。

独立して設けられた小高い植栽スペースには落葉樹のシンボルツリーを添えて小庭としてデザイン。玄関周りを華やかな空間に整えました。

4
玄関正面に設置されておりました、小高い花壇も小庭として活かしました。シンボルツリーとなるのは落葉樹でありますヤマボウシです。こちらをメインとしてコニファー系グランドカバーやつる性植物の植栽で彩り豊かな小庭と致しました。空間にはバークチップによるマルチングも施して隅々まで充実させております。玄関の顔となるスペースが華やかに彩られました。