隣地境界に対しL字型に生垣を施工し、お庭空間を明確に確保。小さな面積でも風通しを損なわない、和風の小庭を施工させていただきました。

M様邸のお庭スペースにおきましては、隣家様の玄関アプローチ、裏手のお宅の通路双方に面しており、フェンスも無い為に境界が不明確に見える状態でございました。
そこで目隠しとお庭のスクリーンを兼ねるキンメツゲの生垣を設置し、その内側へ和風の小庭を施工させていただく事となりました。

生垣に囲まれた小さな和風のお庭
L字型に囲んだ内側へ施工した小さな和風のお庭です。施工条件から考えますと坪庭とも言える空間であると思います。小さな面積の中にも、陽のあたる部分と当たりにくい部分はそれぞれございます。日陰向きの植栽は日陰において本来の美しさが得られますので、しっとりとした植栽の雰囲気を出す事が出来ます。メインとなる植木はヤマモミジのみとし、存在感が薄れない様に主役として全面に出しております。

高木~中木~低木~下草。少数の植栽群の中でも立体的な景色になる使い分けが大切です。

植木の高さそれぞれを散りばめる事で立体感を感じられるお庭に。
植木の背の高さはそれぞれ異なり、後景から前景を意識する事に併せ、小庭においては明確に主役となる植木を強調する事で輪郭の整ったお庭になりやすくなります。特にヤマモミジなどは主役として大いに目立たせても嫌味を感じる事がなく、存分に存在感を示した植栽配置を行うとより魅力的な景になり得ます。主役を引き立たせる様に周囲の植栽の高さを控え目に設定する事で、凛とした和風らしさを感じさせます。また、山石であります鳥海石が自然味を感じさせ、野趣ある風景としても楽しむ事が出来ます。

背景の生垣はキンメツゲを植栽。繊細な葉が密集し、下草付近に半日陰の環境を作ってくれます。

小庭のスクリーンとしても活用できるキンメツゲの生垣
隣地境界と目隠しを兼ねたキンメツゲの生垣。キンメツゲは生長して生垣として仕上がった際、明確な輪郭を持った緑の塀となる植木でもあります。ただし陽のあたりにくい箇所は部分枯れが起こりやすい為、植栽する際は環境に留意する事が望ましくもあります。


こちらは隣家様側から見る生垣の様子です。しっかりとした境界として機能しており、庭が独立した空間になっている事がお解かりいただけると思います。隣家様にとりましても緑の生垣であれば圧迫感を感じる事もなく、気持ちの良い環境になり得ます。