玄関横へ設けられた箱型スペース。四角形の中を存分に活かし、シンプルながらも自然味を感じられる小庭を施工させていただきました。

玄関横へ施工した小庭の風景
玄関横へ設置されておりました、四角形の植栽用スペースです。今回はこちらのスペースを活かして小庭の施工をさせていただきました。小さな四角形の中でも植木の背丈や石の表情にばらつきを持たせる事でランダムで動きのある小庭を作る事が出来ます。シンボルツリーとしての位置付けとなりますヒメシャラをメインに、コンフューサを自然に寄せた植栽プランに。針葉樹の風合いを持つコニファーと自然石が、ちょっとした山間の風景を思わせます。

小さな空間の中でも有効な地割り。空間と植栽部分を織り交ぜる事で、奥深い風景に見せる事が出来ます。

空間と植栽を織り交ぜた地形デザイン
空間となる部分と植栽部分を形付ける、いわゆる地割りでございますが、これはどの様な小さなスペースでも有効な手法となります。地形デザインをきちんと取り入れる事で周囲の資材・植木の役割が明確となって全てが必要キャストといった趣となります。植えつくしの様にしてしまいますと奥部分の植木の存在感が無くなり、基本であります生育条件すら損なってしまいます。小庭の場合におきましても奥から手前までしっかりと引き立つ様なデザインを行いたいものです。

ガレージ側は新規に植栽スペースを制作。プランターと植木を使って緑ある風景と致しました。

ガレージ側へはプランターを用いて新たに植栽コーナーを設置
タイル貼りとなっておりましたガレージ側も緑ある風景にする為、新たにプランターの設置をさせていただきました。ホワイトのプランターと赤味を持った葉がモスグリーンの外壁に映えます。左右にそれぞれ赤味を持つ葉の植木を植栽し、外壁色との調和を図っております。全てが緑色の葉ですとモスグリーンの外壁とのコントラストが乏しく、存在感が薄くなってしまいます。視覚にもリズム感を持たせる事が大切ですので、目を引く色を散りばめるのが良いでしょう。新たな植栽スペースによってお住まいが賑やかになった事と思います。