お店の持つ風情を通りへアピールする小庭。手水鉢を設えた蹲の風景が和食店を引き立てます。

■ 三角形に残された土部分を活かし、お店の存在を印象付ける坪庭風デザインです。
■ 織部燈篭と手水鉢が主役のローメンテナンスな小庭です。
■ 夜間のライトアップ時を考え、陰影が美しく見える設計に。

小料理店の店先に存在した、小さな三角スペースを利用して小庭を制作致しました。 お客様をもてなすお店の顔となり、ここにお店があるという事を、街行く方々へ知らせてくれる小庭でもあります。 お店のイメージを忠実に表す坪庭となりました。

85
左写真:準備中でございます日中は簡素な佇まいの小庭ですが、恵比寿の街に小さな風情が感じられ、街行く方々の目にも留まります。
右写真:暖簾が掛けられる時間には、小庭全体へ光が灯されて和風情緒を醸し出します。

84
お店の入り口まで歩けばこちらの坪庭がお客様をお迎えします。 必要最低限の資材で無駄なく作り込んだ小さな庭は、ローメンテナンスである事はもちろん、植栽同士が絡み合って傷むといった事もございません。石材を正しく簡素に使う事で、上品なお庭を作る事が出来ます。