既存の燈籠と庭石を据え直し、明るく歩きやすい和風の庭へリフォーム致しました。

 

■ 除草もしやすく歩きやすい空間を考え、お庭を広く見せる造園施工を致しました。
■ 部分的な目隠しを考慮し、柔らかなイメージの植栽を使用させていただきました。
■ 既存の燈籠や庭石は改めて据え直し、素材の魅力を引き立てました。

w12
同じ色の植栽が連なり、風通しも良くない構成のお庭でしたが、既存の燈籠や庭石が引き立つお庭にリフォームさせていただく事になりました。 お庭のリフォームによって砂利と植栽の空間を明確に分け、色彩を散らした植栽によってお庭に明るさを取り戻しました。

w13左写真:庭の最奥部へ移設した燈籠周りの様子です。
こちらは耐陰性の植栽を中心とし、隣家からの目隠しも考慮致しております。
庭の奥まで通路を通す事により、奥行きを感じる眺めとなります。
右写真:奥より振り返った眺めとなります。 自然味ある落葉樹や紅葉、花を楽しめる植栽を随所に振り分けさせていただきました。
砂利の下には防草シートによる雑草対策も施してあります。

 

w14
低木や下草の植栽に重点を置く事で風通しを確保致しております。
ヤブランやヒメマサキ、ゴールデンモップなどで柔らか味を出し、雑草対策を施した明るいサビ砂利の空間と接続しております。

ura1
道路からもよく見えるアングルです。遠くから眺める程お庭に奥行きを感じさせるのが、敷石通路の特徴でもあります。 暗かったお庭を石材や砂利で明るくし、既存の古い庭石を景石として据え直しております。

ura2
お住まい和室前より道路側を眺めた様子です。日当たりも風通しも良く、メンテナンスも容易なお庭を考えました。 砂利敷きの上へ落ち葉が落ちると掃除も容易ではございませんので、常緑樹の植栽を多めに使用致しております。

ura3
庭園灯の下の大粒の錆砂利敷きは排水マス隠しを兼ねたアクセントに。 使用する植栽の色合いを統一させるか散りばめさせるかによって、お庭の表情は大きく変化致します。