細長い空間を和風のお庭に。リビングダイニングからの眺めを重視した小庭施工です。

■ お庭の隅々まで垣根を施工して目隠しを。同時に植栽や添景物を引き立てました。
■ 圧迫感の無い植栽を添え、四季を豊かに感じる事の出来るお庭に。
■ 近距離から眺める小庭ですので、庭石や燈籠は最小限の大きさの物を使用致しました。

w46
施工前、こちらのお庭は隣家との境界(塀)が無く、全てが見えてしまう状態でした。
その為カーテンがなかなか開け放てず、お住まいに風を取り込むのも難しい程の状況でありました為、今回はこの様に塩ビ人工竹の垣根を施工する事となりました。
垣根が続く事で、少ない植木でも見応えのある風景となり、同時に風通しの良いお庭となります。 日陰のお庭は風通しを悪くしてしまうと病虫害が発生しやすくなる為、いかにシンプルなデザインにまとめるかが重要になってまいります。 狭小地や細長い形状のお庭も工夫次第で心地よい空間となりますので、お困りの方は是非 ご依頼をいただければと思います。

w47
お住まいリビングから眺める燈籠周りの様子です。小さな下草や庭石だからこそ、配置を大切に考える必要がございます。日陰地に強く、メンテナンス性にも優れた植栽を使用致しております。

w48
和室次の間からのお庭の眺めです。垣根を背景とした、落ち着きのある風景に。人工竹垣根の目隠し効果により、普段も気兼ねなくカーテンを開けてお庭からの光を取り入れる事が出来ます。