お住まいリビングより眺める小さな空間を、和の風情を凝縮したお庭に仕立てました。

E様におかれましては以前にも植栽のご用命を戴きましたご縁にて、この度のご新築に伴います造園のご依頼を頂戴致しました。 お庭となるのスペースは3m×2mの日陰空間であり決して広くはございませんが、小さな日陰地だからこそ出せる風情も多くございます。 目隠しフェンスのカラーも和風の庭との違和感が無い物を設置し、蹲を設えた上品なデザインを考えさせていただきました。

こちらのお庭の造園の様子はお庭づくりブログ-浦安市E様邸造園工事 蹲を設えた小さな庭づくりの様子にてご覧戴く事ができますので、併せましてご参考下さいませ。

1
背後をL字型の樹脂フェンスとし、和風の庭のスクリーンと致しております。 リビングより眺める位置へ蹲を設えた構成となっており、人の背より高い木はモミジのみとなっております。 その為実質的な空間は広く確保されており、お住まいへの採光、通風を妨げる事の無いお庭となっております。

2
左写真:蹲を構成する岬燈篭と手水鉢は御影石の錆を使用。目も細かく彫りの柔らかな物を吟味の上お納め致しております。 前石には貴重な青の真石を使い、海には三重県産伊勢ゴロタを敷き込んでおります。
右写真:唯一の高木となるモミジは植栽環境と同じく日陰にて育てられた物を搬入。下枝の少なさ、柔らかく背を伸ばした様が植栽当初からお庭に溶け込みます。

3
鏡石を始め、左右の役石を構成する鳥海石の石組。茶事に使う役石ではございますが、季節の鉢物などを添えるなど、使い方によってさらに美しい風景となります。 今回のデザイン構成で最も意識致しましたのは、燈篭と手水鉢との高低差を出来るだけ大きくする事でした。燈篭は厚めの台石によって高く、手水鉢は台石を用いない手法に合わせ、海部分を周囲より深く掘り下げてあります。 こうする事で小さなお庭にも立体感が生まれ、各種石材もその魅力をより引き出せる事となります。

4
岬燈篭は砂利部分を海や流れに見立てた場合に使用する物ですので、出来るだけ前面に出した構成にしたいものです。 ですが存在感を主張し過ぎない据え方が望ましくもあります。 こちらのお庭では燈篭の上方にモミジの曲がり枝がかかる様にし、左を低木、周囲を下草によって覆わせる事で存在感を中和しております。 控えめで侘びた風情を感じさせる為の配置です。

5
台石を用いず沈めた据え方の手水鉢。底部はコンクリート下地を水平に施工してありますので、がたつきによる水面の乱れも起こりません。 水平設置により、水面は文字の部分まで鏡の様に溜まる様になっております。 伊勢ゴロタの底部には透水性の舗装を施工してありますので雑草も生えず、水もゆっくりですが浸透する仕組みとなっております。