通りに面したL字型の花壇を、季節を感じられる明るい植栽スペースと致しました。

江東区のS様邸に設けられておりました花壇は、通りに面した2ヶ所で形成された構造となっております。
お住まいの外観を大きく左右するこちらのスペースには、種類に富んだ季節感のある植木を主体に植栽を致しました。
施工作業の様子はブログ「お庭が出来るまで」より、江東区S様邸 2ヶ所の花壇を植木で充実させる植栽工事の様子にてご覧いただく事が出来ます。

尚、既存の土は非常に良くない物でございましたので、残土処分をしながら新規の赤土へと土壌改良を施しております。

高低差のある2ヶ所の花壇。土留めの庭石も使用して充実させました。

218
左写真:三角形のコーナー花壇には背の高めのヒメシャラを植栽。東に位置する為、強い直射は午前中のみに限定されますので、思い切った自然樹の植木を取り入れる事が出来ます。マホニアコンフューサで濃緑のアクセントを。
右写真:土留めの無かった部分には1つの自然石をはめ込んでナチュラル感を。庭園灯周りも賑やかな配色とし、お住まいの外壁色と相反させております。

方角を見込んだ植栽配置。自然樹形の植木を存分に放任させるレイアウトに。

219
2ヶ所の花壇は道路に面しており、お住まいの顔とも言える存在となっております。 きめ細やかなヒメシャラの葉がお住まいに繊細な印象を与え、低木類はお住まいの直線・直角ラインを和らげる効果を持っております。

乾燥しがちな花壇に重宝するコニファー系グランドカバーの植栽

220
こちらは直線の花壇の様子です。コニファー系のグランドカバーは乾燥に強い為、かさ上げされた「乾燥しやすい花壇」で剛健さが発揮されます。実成りの植木でありますブルーベリーやアロニアは実用的な結実よりも、樹形や紅葉を楽しむ存在として植栽致しております。