長距離に渡ってお寺様の客殿を引き立てる、繊細な作りの大津垣タイプの人工竹垣根

こちらの大津垣タイプの人工竹垣根は、1本1本をフレームに編みこむ様に取り付けていきます。 製作時間もかかりますが、出来上がった姿は非常に繊細で、背景としてあらゆるものを引き立てます。

050422
弓形模様に作りこまれた大津垣タイプの垣根です。 光や風を通しやすく快適ですが、目隠し効果を高く必要とする場合は意外に視線を通してしまう事を留意する必要がございます。距離が長い施工でも繊細で軽やかな印象に見えます。

050432
大津垣タイプの構造。編み合わせに必要なアルミフレームは、横方向に通した竹銅縁に隠れて見えない仕組みになっております。 眺める微妙な角度の違いで、面白い程に異なる表情を見せてくれる垣根です。

0504422
敷地の外から眺めれば、より繊細な作り込みを感じる事が出来ます。垣根自体に重みを感じない景観の為、背後の客殿の存在感を損なう事はございません。 お住まいをより引き立てたい場合には強くお勧め出来る垣根です。