広々とした芝生空間に風情ある人工竹の清水垣。明るさと「間」が美しい和風のお庭

■ 神奈川県指定天然記念物の里山を借景とした、風通しの良い和風空間です。
■ メンテナンスフリーの人工竹垣根による清水垣により植木の輪郭も美しく。
■ 芝生空間は広々と設計し、枝葉などのお住まいへの影響はございません。

短葉仕上げの黒松を主木とし、背景の人工竹垣の美しさを引き立てる植木の植栽レイアウトです。

w23
短葉に仕上げられた黒松の枝先付近に手水鉢を構えた構図です。本式の蹲などとは異なり役石を備えず、広々とした空間に映える添景物としての役割を持っております。 ギンバイカやソヨゴ、ヤマモモなどの常緑樹を、間隔を大切に植栽配置しております。

蹲周りの植栽は、すっきりしながらもメリハリのある高低差を付けて。「植え過ぎない」明るい庭デザインに。

w24
銭型手水鉢(四足型)に合わせるのは、程よい仕立てをされたウメ、サツキの刈り込み仕立てとなります。前石は根府川石の大判を据え付け、六方石や鳥海石で海を形成致しております。 主要な植栽以外は低く、形良くを徹底する事でそれぞれが引き立てられる風景に。

w22
お寺様の既存されておりました燈篭を主庭の対面に据え付け。石材と垣根、植栽それぞれが引き立てあう和庭となりました。