広いお庭の造園施工だからこそ、色彩と形を考慮した植栽の配置が大切です。

■ 庭石を使わない為、低木の刈り込み物で輪郭とメリハリをつけました。
■ リビングから見て、外が気になる部分は常緑樹とし、緑の濃淡バランスをつけました。
■ 入り口から眺めたお庭の姿を考慮し、植木を前後させて全ての木が見える様にしました。


道路からも見える、お住まいとお庭の顔となるアングルです。ここで植木をただ奥に向かって並べてしまうと、手前の植木しか見えなくなり、庭の奥行感が無くなってしまいます。常緑樹と落葉樹を織り交ぜ、植木の色を考えて前後にずらして植栽しました。


お庭に一歩入って道路を振り返った様子。玄関に近い部分ですので、成長させる目隠しの植木を植栽致しました。時折行う剪定・メンテナンスによって、植木それぞれに必要な幅・高さに作り込んでいく事が出来ます。 マキやシラカシ、ヤマモモなどの常緑樹を始め、ヤマボウシやサルスベリで四季を感じられるお庭となりました。