芝生のラインを庭石と洋風資材で区切り、目隠しの植栽を添えた洋風のお庭です。

庭石といいますと和風のイメージを持たれる事も多いと思いますが、庭石本来の意味はナチュラルな雰囲気をお庭に与える事にございます。芝生の庭と組み合わせる事で、作り込み過ぎるイメージを少なくし、自然味を感じられるお庭となります。
こちらのお庭の施工の様子はお庭づくりブログ-松戸市A様邸造園工事 庭石を使った芝生ガーデン造りにてご覧いただく事が出来ます。

芝生止めを単調にせず、眺めて楽しめるライン取りを考えました。

matsuyoushiba1
お庭の全景です。洋風のお庭におきましても、庭石は躍動感を与えてくれる大切な造園資材となります。芝生のラインに動きを与え、低木や立ち木の植栽の存在感を高めてくれます。お住まいから見下ろす事で美しさを増す庭風景です。

要所に目隠しの植木を植栽し、他は季節感を楽しめる落葉樹を配置致しました。

matsuyoushiba2
芝生と庭石、下草類の表情。曲線デザインを取った洋風資材には、より曲線を強調してくれる低木を添えました。対して庭石には柔らかな下草類を合わせます。双方がより美しく引き立つ組み合わせを大切にしたいものです。フェイジョアなど常緑樹の植栽による目隠しポイントを背景に、お庭のシンボルとなるヒメシャラなどの落葉樹が活き活きと感じられるデザインに。

足元はメンテナンスも容易な低木類、ほとんど管理の不要な下草類の植栽でまとめました。

matsuyoushiba3
お住まいより見下ろすお庭の風景です。隣家の窓の位置に合わせた目隠し植栽を背景に、花や実、紅葉を楽しめる植木をテンポよく配置しております。あらゆる角度からのお庭の眺めを意識した植栽配置が大切です。サツキ類など低木の刈り込みの他は、毎年メンテナンスが必須となる様な植栽は致しておりません。