境界の無い植栽スペースへ、庭石組みによって植栽花壇を施工。砂利敷きとの境界を利用してサイクルスペースも確保しております。

造園施工前の様子施工前は単調な四角形で形成された土スペースとなっておりました。
園芸を楽しむ部分は広く使えますものの、万遍なく花壇として使うには土の上を歩いて行かなければならず、多くの場合植物同士が混み合ってしまい、美しく映えなくなってしまいます。

今回は庭石組みによって洋風テイストを感じる花壇を形取り、シンボルツリーのソヨゴを1本植栽させていただく事となりました。

 

構成はシンプルながら、遊び心のある庭石ライン。手の届きやすい花壇は管理も容易で植物も映えます。

花壇の中に立つシンボルツリーのソヨゴ
道路との敷地境界付近は錆砂利にて空間とし、庭石組みによって遊び心のある花壇を形成しております。程好い面積の花壇は砂利部分から容易に手を伸ばす事が出来ますので、土の中へ立ち入る必要が無くなります。些細な事でございますがこれにより周囲が靴泥で汚れないといった風になり得ます。庭石とのコントラストにより、小さな草花も美しく映える様になります。 シンボリツリーのソヨゴは2.6m程の背丈を持ちながら下部には枝葉が少ない仕立てです。花壇を狭くせず、同時にお住まいへ上がった際の高い位置での目隠し効果を担っております。

花壇の裏手はシックな割砂利敷きに。軒下を活かしたサイクルスペースとして使う事が出来ます。

花壇の裏手はサイクルスペースとしての空間を確保
左写真:花壇の裏手にはシックなカラーの砂利を敷き詰めております。樹脂製のエッジ材によって境界ラインを付けたこちらの部分は、軒下という環境を活かしてサイクルスペースとして使う事も出来ます。
右写真:こちらの部分は花壇とせず、水道メーターへのアクセスを容易にする為の砂利通路と致しております。今回施工致しました庭石組み花壇におきましては、小さな庭石に至るまで全てコンクリートを使用した据え付けになっており、上に人が乗っても動かない丈夫な石組みになっております。