広い面積の庭スペースを持て余さず、洋風ナチュラルなお庭として活かした施工例です。

流山市O様邸のお庭の特徴と致しましては面積がとても広く、単調な植栽だけでは土地を持て余してしまう事が懸念されておりました。 土の部分を残してしまうと雑草の除去が重労働となってしまいます為、今回のお庭造りにおきましてはお庭として面積を全て使い切り、植栽も無駄の無い数で充実させる事を考慮致しました。この様な場合、生長の旺盛な樹種も使用する事が出来ますので、思い切ったデザイン構図を体現する事が可能になってまいります。

駐車場に隣接したお庭の入り口付近。全ての木々が見え隠れする配置により、入り口にふさわしく気持ちの良い眺めに。

1
システム門柱の左手にはローウッドフェンスを施工し、背景をしっかりとさせております。こちらが筒抜けですとお庭の風景にメリハリが無く、入り口に相応しい雰囲気にならなくなってしまいます。左手のソヨゴが優しく迎え入れる様に植栽されております。こちらからほぼ全ての植栽が見渡せる様に植栽設計を致しております為、最も木が多く感じられるビューポイントとなっております。

ローウッドフェンスが持つ軽やかさとナチュラル感。お庭の眺めがとても優しげな表情になります。

3
ロータイプのウッドフェンスを近くから眺めた様子です。イタウバ材で施工致しましたこちらのウッドフェンスは板材の隙間もやや広めに設計しており、南側を背にしても暗くならない様にしております。やはり板材の隙間から漏れる日光は景観に大きく影響を与えます。ウッドフェンスの足下にはコニファー系の植栽を施し、お庭らしさを向上させております。

お庭の奥へいざなうアプローチが出迎える風景。防草処置とバークチップを合わせ、洋風ナチュラルガーデンらしさを感じる事が出来ます。

2
玄関付近に植栽されるのはソヨゴやシマトネリコなどの常緑樹となります。それぞれ生育の旺盛具合に相応しい場所への植栽を心掛けております。これはお庭が単に眺めるものではなく生活の一部である事を考えますと最も大切な設計事項となります。樹脂製ウッドデッキへ伸びるアプローチはコンクリート製ですが、石を削った平板の様な雰囲気を模した製品となります。

アプローチ付近には家庭菜園と人工芝のスペースを施工しております。

4
アプローチの入り口付近から眺める人工芝のスペースと縁石で囲った家庭菜園の様子。人工芝は砂を用いて丈夫な下地を作っており、大雨によって泥が浮き上がって来ないように設計しております。家庭菜園は深さ30センチほどまで土壌を入れ替えて改良をしておりますので、根菜類にも対応出来る本格的なものとなっております。また、アプローチの始まり付近のみ、バークチップのサイズを一回り大きくしており、こぼれたり飛ばされたりしにくい様に致しております。

お庭の奥より振り返った眺め。植栽配置・色味・地模様が作り出す、動きのあるお庭に。

5
樹脂製デッキ付近から眺めるお庭の様子。お住まいになられる方にとりましてはこちらがメインのお庭風景となります。ですのでこちらからはアプローチの模様や遠くの人工芝、それぞれ散らした植栽群の全てを楽しむ事が出来る様になっております。
デッキ周囲を含み道路沿いの植栽はオリーブやフェイジョアなど全て常緑樹によって構成致しており、放任する事で広いお庭にふさわしい大きさへ生長していってくれます。

樹脂製デッキの上から見下ろすお庭の風景。生育が楽しみな植栽に囲まれた気持ちの良いスペースです。

6
既存の樹脂製デッキの上からはお庭を見下ろせる為、全体的な構成を眺めやすくなっております。日当たりや風通しが非常に良好な立地であります為、庭の風景と相まってこちらはとても居心地の良い空間となったと思います。デッキに寄り添う様に植栽を致しました2株のアオダモは落葉期でございますが、春に葉が出た際はより美しい眺めになると思います。

植木の配置がもたらす遠近効果。地面の仕上げのパターンも加わり、眺める場所によって様々な表情を見せるお庭になっております。

7
手前の植木と奥の植木を同じビューポイントに加えて考える遠近法は、今回のお庭の様に面積が広い場合は特に有効な手法となります。こちらのお庭では植木のみならず地面の仕上げもポイントによってバークチップ・人工芝・平板アプローチ・菜園に分かれており、どこから眺めても色々な地面の色が目に入ってくる様になります。植木の配置も三角構図を幾つか取り入れておりますので、ビューポイントからは前後にそれぞれ植木が目に入る様になっております。

8
グランドカバーの植栽、バークチップ、アプローチ、人工芝。ワンポイントの中で何色もの色彩が目に入ります為、とても賑やかな雰囲気を感じる事が出来ます。こちらのランドスケープにおきましてはほぼ直線ラインは取り入れておりませんので、全てがアーチ状の持つ優しいラインになっております。周囲の表情が優しくなれば、不思議とコンクリート製の平板ですら柔らか味のある物に見えてきます。お庭造りが総合景観であることを改めて認識させられる組み合わせとも言えます。