目隠しの植木を植栽し、ご家族で楽しまれる家庭菜園を備えた明るい芝生ガーデンです。

T様邸のお庭は一見して変則的で細長い形となっておりました。 この様な場合は色々な視覚的な工夫をせず、統一した空間をつくる事で、かえって広々とした印象にする事が出来ます。 お庭に必要でありました事を絞りましたところ、
■部分的に目隠しの植栽
■深くまで土壌改良をした家庭菜園
■全面的な芝生
■駐車場への土留め処置
といった事が挙げられました。

この必要な部分をお庭に無駄なく配置し、広々とした芝庭を作る事となりました。

お庭の変則的な形状と傾斜を感じさせない、広々とした芝生ガーデンに。

1
左写真:お庭の入り口は駐車スペースからとなっております。この部分は特に傾斜が強く、なおかつ背後に壁がございましたので、生育上芝生による土留め効果が期待できません。そこで明るいみかも石を組んで土留めとし、お庭の入り口らしい景観と致しました。 エゴノキとミカンの植栽がポイントとなっております。
右写真:お庭の奥から振り返った眺め。目隠し植栽は常緑樹を中心にソヨゴやフェイジョア、オリーブ等を適所に配置しており、それぞれ葉の雰囲気の異なる庭木が賑やかさを演出します。 芝生はカーブ仕上げとして動きを出しております。

深さ40センチまで土壌改良を施した家庭菜園。根菜類まで楽しむ事が出来ます。

2
家庭菜園は自然素材の縁石を使用して目立ち過ぎない印象に。 深さ40センチまで土壌を入れ替え、根菜類にも対応出来る畑となっています。畑に適した堆肥混合済みの赤土をベースに、作物を植える際は、種類に応じた肥料を使用する事で対応します。

芝生の育ちにくい日陰の傾斜部分は、洋風の庭石で土留めを施工。背後のデザインウォールにマッチします。

3
土留めの庭石組みの様子です。 高さをランダムにしながら下っていき、駐車場と接する部分は高さを均一に組んで整然と。 洋風ガーデンを引き立てるカラーで、背後のデザインウォールとの相性も良好です。 緩やかな傾斜の芝生は強い成長が期待でき、土留めはもちろん将来的な景観も楽しみです。
また、こちらのお庭の施工風景は庭づくりブログ:市川市T様邸造園工事 菜園を設けた芝生の庭づくりの様子にてご覧戴く事が出来ます。