敷石の直線と植栽の曲線を、点在する庭石で繋ぐデザイン。明るい芝生空間を合わせます。

w3
造園施工前は古い池があり、たくさんの大きな植木が生い茂ったお庭でした。
明るい日差しと共存する和風空間を考え、ご近所様にもご迷惑のかからない植栽を考えました。
既存の古いカキやザクロ、モクレン等の植木は残し、お庭デザインの中で活かしました。
見通し良く奥行き感を出す為、新たに植栽した植木は小振りな物を多く使用しております。
何よりもお客様ご自身による植栽管理が活きているお庭です。

sen1
生い茂っておりました既存の庭木を伐採処分し、圧迫感の無い植木を改めて植栽した和風のお庭です。
芝生部分には日当たりと風通しが不可欠ですので、背の低い植木によって造園を行う事と致しました。
コンパクトな黒松は形の良い物を吟味し、メインの位置へ植栽。
力強い五葉松はやや中心より遠ざけて、お庭全体を締める役割を。
一つ一つを目立たせるのではなく、何かが何かを引き立たせ、結果として全体が馴染むデザインを考えたいものです。

sen2
お庭の真横から敷石部分を眺めた様子です。低木の刈り込みはお庭の奥まで柔らかいラインで続きます。
サツキとツツジのラインが柔らかく全体を形成するのがわかります。
庭石も横一列に並んで見えない様に、三角構図にて点在させる事が大切です。