周囲の隣家様からの目隠し対策として、樹脂ウッドフェンスを施工致しました。

K様邸は全体的に勾配のついた住宅地の中にあり、お隣様が1段上がった形状になっています。 その為、周囲からは容易に見下ろす事が出来てしまい、尚且つ隣家様が裏手に置いてある物が丁度目線の高さに存在してしまう状況でございました。

120
一段上がった周囲の様子。当初は植栽のみで目隠しを試みておりましたが、葉が充実するほどこちら側も狭くなってきてしまい、お庭の使い勝手が悪くなってしまいました。 そこでこちらのお庭には、L字型に周囲を囲う樹脂ウッドフェンスを施工させていただく事となりました。

L字型に心地良く囲う樹脂フェンスを施工。必要部分のみ目隠しを施した設計が可能です。

121
施工を終えた、L字型に囲う樹脂ウッドフェンスです。 目隠しの必要のない下部には隙間を空け、無駄な材料を使わないコスト重視の設計が可能です。美しいプライベート感のあるお庭に。

板材の隙間は2センチに設計。目隠し効果を維持しながら、日光を取り入れられる隙間を確保しております。

123
目隠しといいましても、フェンスによって風が通らなくなってしまっては環境に悪影響となってしまいます。 そこでこちらのフェンスでは板材の隙間を2センチとし、風通しを妨げない設計に致しております。

フェンスカラーと庭木のコントラスト。何気なかった庭木が美しく引き立ちます。

122
光と風を取り入れられる設計である事がお解かりいただけると思います。 既存の庭木の葉も、スクリーンとして機能する樹脂ウッドフェンスによって美しく浮かび上がり、より美しくなりました。