整然としながらもどこか自然味を感じられるナチュラルガーデン。木漏れ日の間を縫う小道が優しげなお庭です。

日陰環境に馴染む、植栽が主役のナチュラルガーデンです。
こちらのお庭の施工中の様子につきましてはお庭づくりブログ-市川市A様邸造園工事-日陰の環境を活かした自然風のお庭づくりの様子にてご紹介をさせていただいております。

128
通りからお庭を眺めた様子です。 手前のサルスベリは以前よりお客様の育てられましたもので、今回は景観の一部として使用させていただきました。 植栽部分以外はトーンの低い砂利敷きとし、全体に落ち着いた印象と致しております。

既存ヤマボウシの作り出す木漏れ日部分は下草類によって自然な雰囲気を。

129
お庭の中ほどには既存のヤマボウシがございます。 こちらの足元には、木漏れ日がもたらす半日陰の環境に適した下草類を豊富に植栽。コンフューサやビバーナム、斑入りアオキ、フェイジョアといった常緑種の濃緑がお庭全体に統一した印象を与えております。 コンクリート枕木から飛石へと移行する、通路の入り口となっております。

一見して狭い箇所も、小道として有効利用し、お庭に面白さを。

133
木々の間を縫うイメージで設計した小道の様子。 コンクリート製枕木が持つ温もりが、周囲の植栽をより優しい印象に見せます。キンマサキやギンバイカなどの洋風ガーデンで飾られる木々も、ここでは自然味を感じさせる存在となって見えます。

砂利下や細かな部分には入念な雑草対策を施しております。

130
飛石部分は、既存のヤマボウシの根が浅めに張っておりました為、地面の高低差を残した作りに。 飛石はこの様に地面がフラットでない場合も違和感無く設置出来るメリットがございます。 砂利部分の下は細かな箇所まで入念に雑草対策を施工しております。

みかも石をランダムに配して色彩のバランスを取り、同時に自然味を出します。

132
ヤマボウシの左右それぞれの眺め。 お客様のお好みでありましたコンフューサはお庭の各所に配置し、ある意味での主役となっております。アガパンサスやギボウシ、ヤマアジサイなどの植物も随所に植栽され、初夏~秋口まで見所の多いお庭となっております。

玄関を出た部分のみ樹脂ウッドフェンスを施工し、背後の塀を目隠ししております。

131
玄関を出た部分のみ、樹脂ウッドフェンスを施工して背後のブロック塀を目隠ししております。 この様に「間」が美しくなった部分には必要最低限の植栽が適してきます。フェンスの切れ目をぼかすソヨゴを植栽し、コンフューサとみかも石によるシンプルながら楽しげな表情に。
こちらの部分の施工中の様子はお庭づくりブログ-目隠しフェンスが映える玄関前の小さな庭づくりにてご覧戴く事ができます。