既存の石材と庭石を再利用して伸びやかなデザイン性を持たせた和風のお庭

■ 庭石は全て以前からあった物を据え直して再利用しました。
■ 冬期に庭木の落ち葉が多く飛散しない様、主に常緑樹を植栽しました。
■ 類似する緑色が連続しない様、植栽の配置に気を付けました。

w17
千葉県内にて。 多くのお客様が訪れるお寺様の入り口付近に施工したお庭です。
ツツジの大刈り込みは花の色分けをして植栽させていただきました。
庭の奥の方に成長の早いクスやシラカシ等を植栽し、将来的にやや大きくなるのを待ちます。
裏手の山の落ち葉の掃除も行いやすい様に、砂利ではなく芝生の空間を広くしました。
やや遠くから眺めた姿を大切に造園施工をさせていただきました。

w18
左写真:主庭の脇道を進むと、この様な小庭になっております。 こちらも常緑樹の植栽を扱い、日陰向きの下草類を添えてあります。この小庭は玄関からも望める仕組みとなっております。
右写真:小庭側から、生垣越しに主庭を眺めた様子です。 植栽が様々な色付きを見せてくれる、秋の風景です。植栽の種類や配置を考慮する事で、常緑樹も秋の雰囲気を醸し出してくれます。


敷地内にございました既存の古い庭石を据え直し、低木の植栽によってまとめた造園デザインです。お寺様のお庭でございますので、訪れるお客様方にとりましても気持ちの良いお庭を考えさせていただきました


裏手へ向かうメンテナンス用の通路。あまり歩く事のない部分ですが、お庭の一部分としての見た目を考慮致しました。通路を確保する事は、お住まいと植栽の空間を取り、採光や通風を妨げない効果もございます。
こちらのお庭の施工の様子はお庭づくりブログ:千葉県内S寺様 御本堂改築に伴う主庭再整備工事にてご紹介をさせていただいております。