背後の塀を目隠しする人工竹垣根により、明るく間の美しい無駄の無いお庭に

■ 駐車場に隣接し、玄関やお部屋からも良く見える部分として明るいお庭を考えました。
■ 手前に低木の寄せ植えを配する事で通路としての雰囲気と奥行き感を出しております。
■ お住まいへの通風や採光を妨げない、垣根を背景にした明るい庭造りを考えました。

m1千葉県市原市M様邸にて。

隣地境界としてコンクリートの高い塀がそびえるお庭でしたので、まず明るい背景づくりとして人工竹の御簾垣を施工いたしました。

植木はお客様よりご要望のありました種類を植栽し、明るい和風の雰囲気を大切に造園をさせていただきましたお庭です。

 

m2お客様よりご希望をいただきました枝垂れ梅を中心とした植栽配置。

夏の強い日光に対して耐えうる落葉樹は限られてまいりますので、慎重な選定が必要となってきます。

駐車場との区切りにはトキワマンサクの低い生垣を備え、周囲はサツキツツジ類で輪郭取りを。

やや背の高いジューンベリーがお庭の奥に優しげな表情を加えてくれます。

歩行の際の安全性を考え、庭石はやや下草類に食い込むような設置になっております。

 

 

w11
左写真:反対側よりお庭を眺めた様子です。曲がりのある枝垂れ梅に、同じく曲がりを持つジューンベリーを和風空間に合わせました。既存の置物は台石の上に。
右写真:駐車場との境界となる生垣周りの様子。陰に強い下草類の植栽で模様を取り、丸太周りが柔らかい雰囲気になる様に心掛けました。

ichihara1
エクステリア工事の際に、お庭スペースとして残された空間を使って施工した和風のお庭です。
ご要望を頂きました枝垂れ梅を始め、実と紅葉を楽しむジューンベリーをメインに植栽致しております。

ichihara2
駐車場との境界はトキワマンサクを使用して小振りな生垣風に。陰地では葉を大きくして光沢を増してくれる特性を考慮して選ばせていただきました。 お客様所有のタヌキの置物は庭石を利用した台石に鎮座させ、お庭のワンポイントに。

ichihara3
小さな和風空間の中に点々とリズムを付けた庭石。 下草植栽の中に溶け込ませる事で趣を増し、さりげない存在ながらも和風の庭である事を静かに主張します。 メンテナンス性の良い下草でまとめたお庭の風景です。