綺麗な空気に包まれた環境に馴染む芝生の庭に合わせるのは、自然石を多用したナチュラルテイストな花壇です。

S様邸は自然の多く残る高台に位置し、芝生に不可欠な採光・通風に恵まれた立地となっております。
この環境を活かした芝生の庭に合わせて自然石を組んだ花壇を施工し、ナチュラルガーデンの雰囲気が感じられる様に致しました。 こちらのお庭造りの様子は夷隅郡S様邸 ナチュラル花壇と芝生の庭づくりの様子にてご覧いただく事が出来ます。

風と光を妨げない、空間を大切にした庭デザインに

1
駐車スペースとなる車道を挟み、奥まで続く広々とした芝生空間を構成致しております。 システム門柱下はコニファーのグランドカバーとし、乾燥しやすい部分に緑を添えます。 玄関前にはメインのヒメシャラを植栽し、奥にはお客様が鉢で育てられておりましたオリーブを植栽致しました。 鉢植えから地植えに変わって生長し、オリーブらしい自由な樹形を見せてくれる事でしょう。

植物をナチュラルに引き立てる、自然風花壇のレイアウト

2
花壇に使用した鳥海石は一見して小振りではございますが、半分ほどは地面に埋め込まれ、コンクリートで固定されております。これにより深い部分まで土壌改良を行っており、お客様の育てられる植物が健康に育つ様な環境づくりをさせていただきました。

水捌け勾配を付けた芝生面が、お庭に伸び伸びとしたイメージを。

3
芝生面は道路に向かって下る様に傾斜を付けており、芝生に必須であります水捌け環境を整えております。 芝生の床土に良土を使用する事で初期の活着を促し、さらに下層は砂地にする事によって余分な水分を速やかに浸透させる土壌づくりが大切です。 つるバラがネットフェンスを覆い、賑やかなナチュラルガーデンとなっていくのが楽しみです。