ビルの横へ設置された石塔の背景として、明るさを抑えた人工竹垣を施工致しました。

1
左写真:社屋横に設置された石塔の背後は集合住宅の駐輪場となっており、物置や自転車、行きかう方々が見えてしまう状況でございましたが、敷地形状に合わせた人工竹垣によって大きな目隠し効果を得る事が出来ました。
右写真:少しの植栽を合わせる事によって、竹垣のシックな色合いがより美しく引き立ちます。完全な組み上げ工法による人工竹垣は、既製品よりも敷地形状に合わせた設計ができ、パネル製品とは全く異なる完成度を持ちます。

屈折部分にもしっかりと合わせられるマルチポール仕様は、違和感の無い設計施工を行う事が出来ます。

2
通常は角柱を使用する事が多い人工竹垣ですが、この様に屈折した部分を持つ施工におきましては円柱(マルチポール)を使用します。自由な角度に曲げた設計をする事が出来ますので、違和感の無い垣根風景を作る事が出来ます。 今回仕様致しました人工竹材は明るさを抑えたシックなカラーが特徴です。1本ずつ僅かに異なる色合いが、より垣根らしい完成度となります。

こちらの人工竹垣の施工風景はお庭づくりブログ-大田区オフィスビル様人工竹垣設置工事-石塔の背景に和風の目隠しをにてご紹介をさせていただいております。