自然の高低差を活かしたナチュラルガーデン。お庭の中に空間と自然味を共存させました。

■ 自然の小山をそのまま活かした、変化に富んだお庭を
■ 園芸用花壇や階段なども取り入れ、実用的な面もございます
■ 小石を点在させ、小さな自然味を随所に盛り込んでおります

施工前と施工後の様子です

64
高低差のある立地をそのまま活かして自然風のお庭を施工致しました。
お庭の奥には高台へ上がる階段も設けており、風景の一部となっております。 お庭を遠くから眺めた際の自然風のイメージを大切に、柔らかな植栽を点在させましたデザインとしました。

自然風の庭に合わせる階段作りの様子です

65
階段を施工する親方。
多数の庭石から相性の良い物同士を組み上げていきます。噛み合いの良さだけではなく、あえて大きさに差をつけていく事も大切です。 普通の階段よりも蹴上げを低く、一段づつの面積を広く施工致しました。

ナチュラルガーデン(主庭)の施工写真です


お庭の中の自然な傾斜を利用したナチュラルガーデンです。自然風のお庭には、お住まいに植栽が覆いかぶさる様なデザイン手法もございますが、生活のしやすさや建物への影響を考え、空間をとった明るいデザインと致しました。

ウッドデッキからの眺めは遠近法により奥深く自然な景色に


ウッドデッキから眺めた自然風の庭。植栽は必要最低限の高さの植木をご用意し、このまま放任して成長させます。生き物である植木を使用するうえで、お庭はデザインと同様に植栽計画が大切です。

実用・景観を兼ね備えた階段が庭風景のアクセントに


ウッドデッキから眺めた、階段方向のお庭の様子です。既存の樹木を背景にした小山が印象的な風景です。既存の樹木が作る半日陰の環境を利用し、下草類や低木類の植栽を散りばめる事が出来ました。

作為を極力抑えた植栽の配置を。


低木植栽越しに眺めるお庭の階段。遠目からの眺めは簡素なデザインですが、実際の上り下りの際の使いやすさを考慮した設計になっております。低木類のメンテナンスは剪定の仕方次第で違った印象のお庭へ育てる事が出来ます。

ナチュラルガーデンに溶け込む自然味ある階段周り


お庭の階段の様子です。蹴上げ高さは15センチと普通の階段よりも低く、一段づつの面積も広めにとってあります。
周囲には脊の低い植栽を。表面部分は透水性資材で舗装し、水捌けと歩行のしやすさの両立を考えました。