小さな花壇の中で和の風情を。風に揺れる大名竹と小さな庭石が、玄関周りを上品に引き立てます。

大名竹の足元を引き締める庭石、柔らかさを演出する下草類も植栽し、砂利敷きの空間も設けたデザインです。小さな花壇も植栽や庭石、砂利敷きなどの工夫によって、小さな庭として活かす事ができます。

184
大名竹をメインの植栽した小さな花壇です。玄関に設けられた小窓を程よく隠し、内側からは竹の葉を眺める事が出来ます。完全に周囲を囲まれた環境のみで可能な竹植栽の風景です。

小さな庭石が大きな脇役に。植木との引き立ち合いが魅力です

185
花壇は軒下部分にあたりますので、下草類は環境に適応しやすい剛健種を植栽します。竹は水を欲しがりますので、散水しやすい環境が整っている事が重要です。砂利との境界は庭石(鳥海石)で石組みを。こちらの砂利空間は、ポスト周りをスッキリさせる事、アプローチへの泥はねを防ぐ事、の2点の為に設けております。