お住まい各所へ光を呼び込む坪庭空間。雑草対策も施した柔らかな小庭です。

■ 既存灯籠を添景物をした、シンプルなデザイン構成となっております。
■ お住まいの壁面に悪影響が出ない様、空間を広くとっております。
■ 作り込み過ぎない簡素なデザインは、日常目にする庭に大変適しております。

tai1
東京都台東区にて。 お住まいの各所へ光や風を取り込む為の空間、いわゆる坪庭部分の施工をさせていただきました。既存の置き灯籠を利用し、最低限の植栽と飛び石のみでデザインを整え、空間部分には全面的に雑草防止として透水性の舗装(固まる土)を施工しております。 空間を維持する事で、お住まいへの通風という本来の目的を損なわない様に配慮致しております。

コハウチワカエデが揺れる清々しい坪庭空間。メンテナンス性を最重要に考えたデザインに。

コハウチワカエデを中心に耐陰性の植栽をレイアウトした坪庭空間です。 土を多く残して植栽を多くする事も可能ですが、こちらのお庭ではメンテナンス性、 除草の手間が軽減できる空間を意識して造園を致しております。 不意にお客様が来られても安心な、雑草に困らない坪庭です。

w37
左写真:廊下よりモミジ越しに坪庭を眺める風景です。下枝の少ない植栽が、坪庭の景観を引き立てます。
右写真:モミジの枝の下を、くぐる様に渡る坪庭となっております。坪庭は構成上、風通しの良さが重要となります。

tai4
飛石を渡り歩く部分の様子。面を持ち、形の良い肩を持つ飛石の並びです。 表面のざらつきや吸水性の高さから、滑りにくい性質を持つ石です。 下草類の植栽により、少々の歩きにくさを演出した配石となっております。 下枝の少ないモミジの植栽は、風通しにも歩きやすさにも貢献してくれる存在です。坪庭におきましても管理のしやすいデザインがとても大切です。

こちらのお庭はこの後、より風情を感じられる坪庭へリフォームをさせていただきました。
詳細はお庭の施工例-苔が静けさを感じさせる、蹲を設えた坪庭-台東区お寺様中庭にてご紹介をさせていただいております。