芝生空間に合わせて「洋風ナチュラルガーデン」を演出致しました。

日当たり、風通し共に良好な環境に施工をさせていただきました、洋風のナチュラルガーデンです。 広々とした芝生空間は、木々によってより鮮やかに引き立ちます。 お庭全体のデザインを最優先し、遠くから眺めても気持ちの良いお庭を考えました。

お庭の背景を植栽による生垣とする事で、お庭の主役を落葉樹にする事が出来ます。

inyo1
柔らかい落葉樹をそれぞれの特性に合わせた位置に植栽し、背景は生垣を施工してまとめております。 落葉樹も日差しに耐えうる度合が植栽種類それぞれ異なりますので、時間による日当たり具合を考慮して配置する事が大切です。 庭石は和風に特化した点景物ではなく、落葉樹のもつ自然味を引き立ててくれる存在である事がおわかりいただけると思います。

庭石で自然味を出し、枕木風通路を歩いて植木の裏も行き来できる庭デザインです。

w56
お庭の裏側に入る枕木風通路の入り口付近です。お庭デザインが単調にならない様、手前・奥というそれぞれの空間をうむ曲線ラインを強めに付けております。 このラインは日差しの強いお庭の中にも陰影を作り出し、落葉樹の根もとの保護や下草類が健康に生きる空間となり得ます。 奥の空間から枕木通路が始まる事で、奥行き感を出しております。 逆に手前となる明るい空間には、実のなる植栽やコニファー類のグランドカバーを主役としております。

風通しを確保し、お住まいから望む景色を大切に。目隠しポイントには常緑植栽を。

inyo2
曲線ラインが作る、場所それぞれの陽当たり具合の違いで生まれるコントラスト。 日向・半日陰・日陰と、場所それぞれに適した幅広い植栽品種を配置する事が出来ます。 庭石が点在する事で、派手さを感じない上品な空間に。

inyo5
歩道に面した、植木にとって良好な立地であるお庭です。 風留めの竹は太すぎない物を使用する事で、目立ち過ぎない様にする工夫を。 同時に必要最低限の高さに施工する事で、植木の存在感を乱さない配慮も大切です。

w57
左写真:陰を作り出した空間からの枕木通路の入口です。半日陰を好む下草類の植栽に囲まれた、静けさも感じる事が出来る空間となっております。
右写真:もう一方の入口です。こちらは庭石を点在させ、やや明るい雰囲気となっております。 裏手を歩くと反対側から出てくる事が出来ます。