大きなリビング窓に面した空間に、色鮮やかな洋風坪庭を施工致しました。

S様邸のお庭はお住まいや駐車場、そして道路からもよく見える、重要な位置にございました。
単調なお庭デザインになってしまいがちな正方形のお庭こそ、植木の植栽や地割デザインの工夫で立体感のあるお庭にする事が出来ます。植栽による目隠しを考慮しつつ施工を致しました洋風坪庭です。

外からの視線を程良く目隠しするヒメシャラに、濃い目隠しとなる椿を合わせております。

sog1
千葉市中央区にて、お住まいリビングに面した小庭を施工させていただきました。外からの目線を程良く散らすヒメシャラを始め、モミジと椿をメインにデザイ ン致しております。特徴は明るい色彩を持つ「みかも石」を様々な色の下草類と合わせたコントラストとなります。色を散りばめた植栽に、リズミカルに据え付けた庭石が織り成す、明るい小庭となりました。

正方形の庭スペースでありながら、坪庭風のデザインによって奥行き感を演出致しました。

w42
左写真:お住まいより眺めるお庭の風景です。ヒメシャラ越しに目隠しの椿が見えます。影がかった幹模様を垣間見る、お庭に遠近感を感じさせる風景です。
右写真:動きを感じるみかも石の据え付け。砂利とのコントラストも独特ですが、下草との相性もまた美しい庭石です。

様々な色彩の下草類に合わせた明るい「みかも石」が、小庭をより明るくします。

sog4
ランダムな配置デザインの庭石。黄色~茶色がかった色合いで、派手過ぎない洋風の雰囲気をお庭へ加える事が出来ます。
割り肌の表情は場合によっては野趣を感じさせる為、無造作な配置でナチュラルガーデンへ使用する事も出来ます。
こちらのお庭の様にリズミカルな配置をする事で、小さなお庭にも躍動感を加える事が出来ます。 下草、低木類も明るいカラーリーフを多く植栽する事によって、お庭で陰になりがちな部分も明るく見える様になりました。
主役の2本の植木は、背が高くても圧迫感を感じさせないモミジ、ヒメシャラを植栽する事で全景と致しましては優しい印象となります。