ビルのエントランス花壇の中に施工した、明るい色彩の小さなお庭です。

M様よりご依頼をいただきましたのは、所有されるビルのエントランス前での小庭作りです。 既存の花壇の中にはいくつかの植物がございましたが、今回はそちらを一掃し、植えすぎず尚且つ色彩の明るい空間を作庭する事となりました。
作庭中の様子は「お庭が出来るまで」コーナーより、千代田区ビルエントランス花壇内での小庭作りにてご覧いただく事が出来ます。

212
ビルのエントランス横の花壇を小さな庭に仕立てた施工例となります。タイルと御影石貼りのビルは、やはり植栽が整っておりませんと冷たく硬い表情になりがちです。あえてビルの色と異なる暖色系を意識した洋風の庭づくりで、優しい表情を演出致しました。

213
正面付近から眺めた小庭。道路沿いに面した花壇ですので、植木を植えすぎない空間デザインが大切になります。高木は3本のみの構成で、多くは中低木類の植栽でまとめております。植栽を充実させ過ぎて、大掛かりなメンテナンスが日常的になる事は避けるのが良いでしょう。

214
小庭の足元付近の構成です。単調にならずに配した洋風の庭石で細長い花壇の輪郭をぼかし、面白みのあるデザインに。シンボルツリーのシマトネリコや落葉樹のジューンベリーは植栽後の成長を見込んでおり、トキワマンサクは定期的な刈り込み剪定で維持します。小範囲の中でも日陰になりやすい箇所は生まれますので、その様な箇所へギボウシやクリスマスローズなどの下草類を配しております。