都市住宅地で四季を感じられる和風の庭風景。燈篭と手水鉢を配した蹲の背景には、人工竹垣も施工致しております。

■ 隣家からの目隠しとなる高木を残し、低木~中木中心の植栽を加えました。
■ メンテナンス性の良い植栽を随所に配し、必要最低限の植木で構成しております。
■ 手水鉢は貴重な国産品を使用し、その雰囲気に合わせた庭石組みを行いました。

w4
石でありながら柔らか味を感じる、国産手水鉢を配した蹲周り。
構成は本式の蹲とは異なり、州浜を広く取っており、役石を配さない景観的構造となっております。
梅を主木とした植栽周りは、ソヨゴ、寒椿、ヒイラギナンテンを配し、ローメンテナンスな下草類で形付けます。

w5
反対側のお庭、テラス部分です。
通路としての役割も担っておりますので、奥の物置まで歩いて行く事が出来ます。
蹲周りとは異なり、小振りな庭石と明るい色の植栽の空間となっております。
エゴノキを主とし、白梅を望む構成となっており、こちらには洋風テイストを持つゴールデンモップなども植栽し、蹲側とはやや異なる雰囲気を感じられます。


お住まいからも眺められる、垣根を背景にしたつくばい周りです。歩きやすさを最優先にしたお庭です。
日向と日陰、部分的に植木の種類を分けて植栽し、狭い部分にも下草を配したお庭です。

人工竹を使用した耐用年数の長い竹垣。御簾垣と四つ目垣を合わせます。


逆方向から振り返ったつくばい周りです。お住まいや歩行部分に庭石や植栽の枝が干渉しにくい配置を心掛けました。
垣根によってお庭を分断する事でそれぞれ趣の違うお庭を演出し、どちらから見ても背景が明るいお庭となります。左手に見えますのは人工竹(塩ビ製)と木目調アルミ柱による四つ目垣です。右手には御簾垣タイプの人工竹垣を合わせます。

 

歩行のしやすさを最優先にした敷石アプローチ。飛石への繋がりもスムーズさを第一に施工しております。


つくばい前の雰囲気とは異なる、敷石による歩行スペースです。割り肌の残るノミ仕上げの敷石を使用致しました。
お庭に多数並べて据え付ける事で、割り肌の柔らかな雰囲気をより実感できます。


歩きやすさを優先した飛び石と敷石の繋ぎ部分です。異なる二つの垣根で区切り、庭石と下草類を添えました。
庭石によって、植栽の持つ柔らかな雰囲気や動きを感じる事が出来ます。
こちらのお庭の施工の様子はお庭づくりブログ-世田谷区T様邸造園工事 都心で四季を感じられる庭づくりにてご紹介をさせていただいております。