世田谷区のF様邸には、道路に面して2ヶ所の花壇が設けられておりました。

1ヵ所は玄関へやや下りるステップ脇に、もう1ヵ所はお住まい側面、道路に沿った花壇でした。
角地に位置するお住まいですので、2ヶ所の花壇共に植木の植栽で充実させてお住まいを緑に包まれた様な雰囲気とする事になりました。

濃緑色が統一して続く植栽レイアウトで、花壇に連続性を

229
2ヶ所の花壇共に統一した植木としてギンバイカを植栽。濃緑色が続く事で、花壇の切れ目を目立たなくさせます。 こうする事で玄関からお住まい脇まで緑に包まれた雰囲気とする事が出来ます。 玄関前にはシンボリツリーとしてフェイジョアの植栽を。落葉樹の様に1年で枝が走る様な事はございませんので、道路際でも維持する事が出来ます。

玄関ドアに対しての目隠し効果を持つシンボルツリーの植栽

230
こちらのシンボルツリーは現状よりも生長させる事を見込んでおります。玄関ドアを開けた際に道路から見下ろされる事を考え、目隠しとしての植栽効果を。周囲のギンバイカは刈り込み仕立て、枝隙き仕立て、どちらにも対応出来る剛健種の植木です。

お住まいと植木が融合し、一つの風景として引き立ちます

231
ギンバイカは生長を見込めばすぐにボリュームが増してまいりますので、花壇の切れ目はすぐに目立たなくなります。花壇から溢れる様な雰囲気は、この他プリペットなどでも代用出来ますが葉色がイエロー気味になりますので、また別の雰囲気を出す際に使用します。 角地に植栽されたフェイジョアは、まだまだ生長させる事が出来る環境ですので、今後の景観が楽しみです。

こちらの花壇への植栽工事の様子は、お庭が出来るまで【造園施工の様子】世田谷区F様邸 花壇内でボリューム感を出した植栽をにてご覧いただく事が出来ます。