マンションエントランスに設置された半日陰の一坪スペースの中へ、枯れ流れを持つ小さな和風の庭を施工致しました。

面積にして約一坪の長方形の空間へ施工をさせていただきました和風の小庭となります。四方を建物に囲まれております坪庭とは異なり、面積が小さくとも近景、遠景の双方を考慮した構成をする必要がございます。メインの立ち木はアオダモとコハウチワカエデとし、半日日陰の環境を存分に活かす事と致しました。
左写真:主に眺められる事も多い道路側エントランス寄りからの眺めにおきましては、まず隣地に対しましての目隠し人工竹垣が大切なお庭スクリーンとなっております。こちらの垣根は目隠し有効高が地面より1.8mをキープしており、出来る限り高さを出した設計となっております。見え隠れする奥の自然石(鳥海石)付近より手前に向かって枯れ流れが走る構成となっております。
右写真:小庭部だけが独立した存在感となってしまいません様、こちらからの眺めはエントランスとの調和を意識しております。コハウチワカエデの向きにおきましては見様によりましてはシンボルツリーの位置付けに見える様に調整をし、エントランスを自然に彩る植栽効果も考慮致しました。意外であると思われるかもしれませんが、当初よりデザインコンセプトと致しましては出来るだけ植栽面積を小さくしてメンテナンス性を良くする事を優先しております。実に面積の約半分が砂利の枯れ流れによる「空間」となっております。

枯れ流れは緩やかに自由に。静止した風景の中でも流れの意図を明確に表現しております。

庭石で流れを形成するにあたり、実際に水を流す際は石を組んで川の形とする事が必要となりますが、枯れ流れにおきましては表現上自由な部分も多く、開放的かつ静かな風景を作り出す事が出来ます。最低限の数の石で構成された流れは、見方によりましては石庭の様に見え、植栽の数とのバランスも取りやすい特徴がございます。流れの向きや速さは砂利の大きさや高さで調整し、水が石を削ったかに見える石据えをする事で、流れらしさをより際立たせます。
強化樹脂製エッジ材による苔エリアやコニファーなどを駆使した流れの輪郭。植栽の緑で輪郭を取る事が出来るのも、枯れ流れの醍醐味と言えます。セキショウ類などが水辺らしさを演出し、自然石の削れや抉れが水の勢いを表現してくれます。

道路側から側面、そして裏面と、様々な表情を見せるアングル構成に。裏面は野趣ある涼しげな小庭風景を楽しむ事が出来ます。

左写真:道路から一歩入り、小庭の側面からの眺めです。側面と申しましても枯れ流れから致しますと正面に位置する事となり、最も奥行きと動きを感じられる眺めとなります。錆砂利と共に敷き込んだ伊勢ゴロタ石は流れの速い部分を表現し、無意識に流れが左右に振れて見える視覚効果をもたらします。

右写真:裏手に回り込めば雑木類の共生の様子をすぐ傍に感じる事が出来ます。こちらからの眺めにおきましても人工竹垣が重要な役割を持っているのがお解かりいただける事と思います。裏手においてもお庭を明るく見せる事に加え、枝葉の少ないツリバナやアロニアなどの樹形を明確に浮き上がらせる効果がございます。

半日陰の環境と雑木の植栽が引き立たせる苔庭の風景。硬すぎない「和」の風情を醸し出します。

自然味を感じさせながらも凛とした風景に見えるのは、植栽と砂利空間との境界がはっきりしている事に起因します。和風の庭は柔らかさの中にメリハリを付ける事で静けさや整然さを増し、深みのある風景として眺める方々の印象に残ります。

苔類におきましては半日陰と日陰とのエリアを考察したうえで植栽分けを行っております。苔類と申しましても適応する環境はそれぞれ実に異なり、日陰向きの場合におきましても上部に樹木の枝があっても良いか、風が吹いていても大丈夫かどうかなど、特性は実に多岐に渡ります。

苔庭らしさは自然らしさに繋がります。小さな下草素材におきましても大きな役割を持っています。


山道を散策しますと苔の自生地に出会う事は多くございますが、斜面が好きな種から窪地が好きな種まで様々なものを目にする事が出来ます。そこで同時にラン類やシダ類などが共生する様を観察しますと、生える場所には多くの共通点が見付かるものです。石の隙間から、石の付け根から、木の枝の傍など、鳥のふんから生ずる下草類に習い植栽を施す事で、どこかで見た事がある様な自然観を演出する事が出来ます。

良い意味での古さを感じさせる植栽レイアウト。何年も前よりそこにあったかの様な、素材同士の馴染みを大切に考えます。

モミジの幹に絡む雑木の細い枝、幹元に這う苔類や下草など、その組み合わせは自然に忠実なレイアウトをする事で何年も前から続いている様な景色に見えてまいります。飾り付けや演出なども時には必要な要素ではございますが、静けさを感じる和風の庭におきましてはやはり華美なレイアウトは控えたいものです。

植栽を施した植木や下草類は、当然新たな環境に適応しながら従来通りの生育を始めていきます。当初のレイアウトを極力自然に近付けておく事で、生長後も実にナチュラルな風景に仕立てる事が出来る様になります。

背景、木立、水の流れ。小さな面積におきましても和風の小庭の魅力は存分に凝縮させる事が出来ます。この手法により店舗などにおきましても、豊かな自然環境や和の風情を魅せる事となります。


堅苦しいと思われがちな和風のお庭ですが、今回の様に流れ手法を自然樹の木立の下に配したり、要所に自然に習った植栽レイアウトを施す事で、とても柔らかな風景に見せる事が出来ます。和風と自然風を融合した、和のナチュラルガーデンを是非取り入れてみては如何でしょうか。