高台に施工する樹脂フェンスは最低限の高さのロータイプフェンスに。圧迫感の無い仕上がりがお住まいのアクセントにもなります。

be施工前はヒバの木が植栽されており、年数を経て大きくなり枯れた部分もございました。特にヒバ系統の枯れ木は腐食しやすく、一見して丈夫そうな枝も簡単に折れてしまいます。
また、根元から倒れやすい特性もございますので道路沿いに植樹されている場合は特に注意が必要です。
今回はこちらの庭木を伐採・抜根処分し、必要最低限の目隠しを担うローフェンスを施工させていただきます。

施工中の様子につきましてはお庭造りブログ-稲毛区O様邸樹脂フェンス設置工事-高台の場所を活かしたローフェンスで目隠しをにてご紹介をさせていただいております。

 

低い樹脂フェンス設計により圧迫感の無い眺めを。最低限の高さのフェンスはお住まいのアクセントに。

1
ヒバを伐採処分して施工された樹脂フェンスの様子です。高い壁の上に施工する場合は最低限の高さ設計とする事ができ、無駄なくコストを抑えたフェンス施工をする事が出来ます。ロータイプのフェンスはお洒落な雰囲気もあり、お住まいのアクセントともなる存在感を放ちます。

面材の隙間は10ミリ設定に。下から見上げるとほぼ隙間は塞がって見えます。

2
面材同士に設けられる隙間は最小の10ミリに設計しております。10ミリの隙間は水平目線からはうっすら視線を通しますが、下から見上げますと面材の厚みにより視線はほぼカットされます。この程度の隙間があれば風通しを止めてしまう事もなく、目隠し効果も得る事が出来ます。用途や条件により、この隙間は自在に設計する事が出来ます。

目立ち過ぎず木質感も感じられる「ココアブラウン」のカラーです。お好みや周囲の明るさにより全12色からお選びいただく事が出来ます。

3
こちらの樹脂フェンスの施工距離は8メートルを越えており、立派な眺めとなっております。距離が長い程にカラーの個性が強くなります為、選択の際はご一緒に考えさせていただいております。今回の施工箇所におきましては明るすぎるカラーですとフェンス自体が単体で目立ってしまう事が考えられました為、木質感を感じながらも自然に街に溶け込むカラーをご提案させていただきました。