雑草対策のお困りだったマンション専用庭を、山間の雰囲気漂うナチュラルガーデンへリフォーム。サイクルスペースや家庭菜園も兼ね備えてお庭を活かします。

施工前のお庭施工前のお庭には大きく生長をしてしまいました2本の樹木があり、この2本だけでほぼお庭を占拠してしまっている状況でございました。
また、地面は生育力の強い雑草に覆われやすく、所々に傾斜も付いておりました為、歩きにくいお庭となっておりました。
今回は雑草対策を重要な要素としながら、菜園や自転車置場も備えたナチュラルガーデンへリフォームさせていただく事となりました。

 

ナチュラルガーデンの全景は山間の雰囲気を意識し、最低限の本数の植栽ながら「木に包まれた様子」を演出する様にデザインを致しました。

ナチュラルガーデンの全景
リビング付近より眺める、リフォームされたナチュラルガーデンの様子です。立ち木(高木)につきましてはジューンベリーやアオダモ、モミジでシンプルにまとめ、お庭の両端と中心に据えて骨格としております。植木選びは生長後の姿はもちろん、お庭の環境にも留意する事が大切です。落葉樹を主体としたナチュラルガーデンにおきましては、陽当たりを考える際はむしろ陽の当たり過ぎに注意した設計が重要となります。植木単体が持つ自然風の雰囲気を単純に採用・配置し、後々の維持が難しくなるケースも多く見られますので注意が必要です。

お庭の出入り通路は森の小道の様に自然体で。最低限の目隠しとなるウッドフェンスも備えております。

左写真:共用駐輪場へと繋がるお庭の出入り口は木々の向こうに自然に続く様な風景にしております。明確な通路やアプローチを作る事なく、木々の間が自然に通路として目に写る雰囲気作りが大切です。植木の植栽角度は陽を求めて通路空間側へ枝を伸ばした様に感じられる様に調整し、木々に抱かれた雰囲気を出しております。踏みしめの柔らかなバークチップを歩く、自然味豊かなガーデンアプローチとなっております。

右写真:後にご紹介を致します家庭菜園の向こう側へローウッドフェンスを設置。こちらのウッドフェンスはサイクルスペースの自転車を目隠ししながらも風通しを妨げない様に設計しております。菜園も雑木類や低木に囲まれた雰囲気となっており、お庭の景観の一部としても重要な眺めとなります。

 

既存バルコニー部を延長する様な役割のローウッドデッキを設置。多目的に使えるナチュラルガーデンの大切なキャストともいえます。

バルコニーに接続されるローウッドデッキ
雑木も隣接し、自然を身近に感じられるウッドデッキは高さを15cmに設定したロータイプで、既存バルコニーの防水塗装などのメンテナンス時に支障をきたさない様に留意した設計に。低いウッドデッキはお部屋とナチュラルガーデンを繋ぐ橋渡しの様な役割も持ち、あらゆる用途で活かす事が出来ます。もちろん何も置かずにシンプルにお使いいただいても、お庭の景観の一部となります。

 

木々に囲まれた自然味ある家庭菜園を施工。菜園そのものがナチュラルガーデンの添景物ともなります。


家庭菜園をお庭のほぼ中心に設置する以上、菜園そのものが自然味溢れるものでなければなりません。全体景観と致しましてはやはり菜園そのものが単純に目立ち過ぎる事が無い様に、木々に自然と囲まれた様な雰囲気と致しました。ですが菜園そのものはコンクリート擬木や山の自然石を組み込んだ頑丈な作りとなっており、足を乗せても全く問題ございません。既存の土は25センチ程まで掘り下げ処分を行い、バーク堆肥を混ぜ込んだ赤土へ入れ替えをしております。


菜園の形状は当初は四角形を予定しておりましたが、手前角は山石組みとする事で自然味を増す事と致しました。周囲の雑木や低木類と山石は相性も良く、木・石・菜園の全てが一体となって見えてまいります。菜園に隣接したウッドフェンスは適度な風通し空間が空いており、こちらには草花などを寄せ植えした軽量プランターなどのハンギングをする事も出来ます。


菜園と繋がる雑木類の寄せ植えは、山間の雰囲気になぞらえて他種同士が一体感を感じられる植栽設計に。アオダモの足下で活き活きと枝を伸ばす白山吹やダンコウバイが自然味を引き出してくれます。

 

埋設式だった水栓は施主様支給の立水栓に変更。周囲もお庭の一部として感じられる施工を致しております。


木製部分も備えたナチュラルタイプの立水栓は、ウッドデッキから直接降り立てる位置へ設置して使い勝手を向上致しました。尚且つお庭の一部として美しく見える様に施工を致しております。コンクリート製の枕木は頑丈に設置し、浸透砂利が敷かれた流し部分は水溜りが出来る事も無く、排水パンを設置した際の汚れが気になってしまう事も起こりません。むしろ庭石のみで構成を致しますと水周りが広くなり、使い易くなるものです。


木製部分もある立水栓ですので、何年か先の取替えを考慮しておく必要がございます。据え付けコンクリートは最低限の体積とし、水栓左右の石は固定せず、いつでも外す事が出来る様になっております。周囲は這性コニファーやセダムなどの剛健種を植栽し、生育の緩やかなソヨゴを植えておくことで、枝が水場の邪魔になってしまう事もございません。

 

サイクルスペースはコンクリート製の枕木を使用してお庭との一体感を。自転車を停めた際もウッドフェンスが目隠しをしてくれます。


家庭菜園の裏手には、入り口から入ってすぐに駐輪が出来るサイクルスペースを施工しております。コンクリート製の枕木を繋ぎ合わせた頑丈なスペースは幅1mをキープし、3台程の自転車を停めておく事が出来ます。自転車が無い時も枕木調の景観がお庭と一体となって見えます。


自転車を3台停めた際もこの様にウッドフェンスが程好く目隠しをしてくれますので、お庭の景観が変わってしまう事がございません。ウッドフェンスは自転車の高さを意識した設計となっており、高さ120cmのコンパクトサイズです。圧迫感を感じさせる事も無く、お庭の景観アクセントとしても大切な要素となってくれております。