ピンコロ石のラインと砂利敷きによる曲線模様が美しい雑草対策の施工例です。

K様邸のお庭には芝生と雑草が共存しており、除草作業に大変ご苦労をされておりました。
芝生が薄くなって土が露出した部分からは雑草が発生しやすく、芝刈りを行ってもお庭が綺麗に見えないといった状況になってしまいます。
今回はこちらの芝生を土・根ごと撤去し、防草シートと砂利敷きによる雑草対策を行いました。砂利留めには曲線模様に据えたピンコロ石を使い、お庭に表情を出していきます。

 

玄関アプローチから眺めるお庭。ピンコロ石の曲線ラインが砂利敷きに動きを付けてくれます。


玄関アプローチの高さに合わせてスタートするピンコロ石は、お庭の奥まで曲線ラインを付けながら続きます。単調な直線で区切る場合に比べて砂利模様に動きを感じる事が出来ます。ピンコロ石は錆色の物を使用しておりますので、錆砂利と同系色となりお庭の中で調和します。


同じく玄関アプローチからの眺めです。砂利と区切られた土部分は花壇・園芸スペースとして活かす事が出来ます。植物を植えられた際はこの曲線模様の効果によって面白みのある眺めとなり、草花などがより華やかに見える様になります。

反対側のもう1ヵ所のお庭も主庭部と同じく砂利敷きによる雑草対策を。


こちらのお庭部分も同じく、防草シートと砂利敷きによる雑草対策を施工致しております。雑草対策の施工に併せてユズを植栽。敷地内にございました庭石を合わせてちょっとした小庭風に仕立てております。濡れ縁の下や水廻りまでくまなく雑草対策を施しております。