オフィスビルの出入り口、エントランスに設けられた花壇の中へ人工竹垣を施工し、明るく風情を感じられる眺めに一変致しました。

be施工前は既存のツバキの列植が生長し、エントランスや道路まで越境しておりました。
写真では確認できませんが背後には腐食してしまった建仁寺垣があり、今回はそちらを撤去したうえでツバキも剪定し、新たに人工竹垣を設置する事となりました。
今回使用する人工竹はより本物の竹に近い加工が施された特別品となります。

 

お隣のビルの側面を目隠しする効果も発揮する人工竹垣。植木のみの目隠しよりも明るく、和風の趣を感じられます。

1
お隣のビルを丸ごと目隠しする御簾垣タイプの人工竹垣。エントランスは通常屋根が設置される半屋外となりますので、どうしても暗くなってしまいがちな場所となります。人工竹垣は暗い部分も明るく見せる事ができ、同時に十分な目隠し効果を期待できます。 強めに剪定されたツバキとの相性も良く、葉の一枚一枚が背景の垣根によって美しく浮かび上がります。

より天然竹に近い質感加工が施された、特別仕様の人工竹材。繊維の模様や窪みまでリアルに再現された逸品です。

2
天然竹材特有のシワ模様や窪み、節の質感に至るまで再現された特別仕様の人工竹材を使用しております。細かなシワ加工により反射も無く本物の竹と見紛う仕上がりとなっております。御簾垣の特徴でございます積み上げの眺めは、節の質感がよりリアルに再現された上質な雰囲気となります。 柱やチャンネル材、銅縁材などのアルミ部材は木目調仕上げの物を使用致しております。

墨田区という土地柄に相応しい垣根の風情。人工竹垣は街の景観向上にも寄与します。

3
昔ながらの和の風情を感じられる垣根の風景。朽ちる事無くいつまでも美しい人工竹垣は、街並みの景観向上にも寄与し、情緒溢れる風景を見せてくれます。目隠し対策につきましては、お隣に対して嫌味になってしまわないだろうかというご不安も多くお聞き致しますが、この様な景観となれば圧迫感もなく皆様に受け入れられやすいものです。目隠し対策をお考えの方は是非取り入れてみては如何でしょうか。