シンボリツリーと小さな花壇を中心とした、無駄の無いデザインの小庭です。

シックな外壁を持つM様邸に合わせるシンボルツリーは濃緑と葉の表裏のコントラストが美しいオリーブです。
お子様が植物を植えられる花壇に枕木アプローチを合わせ、道路と程良く区切った小庭デザインとなっております。

植木は濃緑色を中心に植栽。外壁との引き立て合いが魅力です。

1
道路から眺める小さなお庭風景。グランドカバーで程良く境界を施したセミオープンな庭になっております。 シンボルツリーのオリーブには最低限度の風留め処置を施し、アロニアやブルーベリーを脇役として植栽しております。ブルーカーペットやブルーパシフィックが洋風らしさを演出します。

小庭へのアプローチはコンクリート製の枕木を使用。散水栓までの道のりとしても歩く事が出来ます。

2
玄関アプローチのタイルから繋がる様に、コンクリート製枕木を施工。長さ60センチの枕木を4枚繋ぎ、歩きやすさとお庭らしさを兼ね備えます。花壇に使用した縁石も同様にコンクリート製の木材調で、アプローチと違和感無く仕上がります。

深くまで土壌を改良したガーデニング用花壇。小さな植物の彩が楽しみなお庭です。

3
深さ40センチまで掘削して既存土を処分。堆肥入りの焼却処理済み赤土をたっぷりと客土したお子様用ガーデニング花壇です。花壇の縁取りもコンクリートを使用して丈夫に作られており、上に乗っても形が乱れる事はございません。 シックな砂利が周囲の資材を引き立てます。

4
玄関アプローチタイルと自然に繋がる小庭の様子。シンボルツリーと花壇を主役として中心に配置しておりますが、その周囲を植栽や資材でデザインする事でシンプルながら単調に見えない小庭となっております。
こちらのお庭の施工中の様子はお庭づくりブログ-品川区M様邸造園工事-小さな花壇と植木を合わせた小庭づくりにてご紹介をさせていただいております。