大きな樹木が立ち並ぶ広大なお庭へ合わせた雑草対策の施工。飛石の渡りも付け、既存の庭石や植栽のラインを活かした模様取りによって静かな和風のお庭に仕立てました。

be目黒区A様邸の主庭には大きな樹木が立ち並び、年月を掛けたお庭の持つ独特の静けさが感じられました。 お住まいとの間には植栽の無い空間を設けておられましたが、こちらが土のままとなっており、ドクダミを始めとした雑草の発生にお悩みになられておりました。そこで今回はお庭の雰囲気を活かした雑草対策の施工をさせていただく事となりました。

 

既存庭木の配置を活かすエッジラインを取り入れ、モダンで整備の行き届いたお庭の雰囲気に。

1
既存の庭木の配置に逆らわず、空間箇所を緩やかなエッジラインによってデザイン取りを。大きな木の下は低木類や下草類も、生育する品種が限られてまいります。無理に植栽をせず、砂利ラインと最低限の下草類によって形付けております。今回使用致しました防草シートは、耐久性の高い製品のメーカー物であり、その中でも高耐久タイプのものを敷設しております。また、シート同士の重ね目には屋外用強化テープにて接着をしており、通常の雑草対策よりもレベルの高い処置を行っております。

砂利空間の中にビューポイントとしての飛石を。鉄平石の持つ雰囲気が和風のお庭らしさを醸し出します。

2
ちょうどリビングより眺められる位置には飛石(長野産鉄平石)による渡りを付けております。実際にお庭の奥へ入れる部分へ繋がっており、景観的にも自然なものとなっております。こちらの飛石は据付にコンクリートを使用しており、がたつきや傾きが起こらない様になっております。また、飛石同士の間にもコンクリートを流しており、間からの雑草を防ぎます。

5
飛石の渡りを正面から眺めた様子。直線を避けながらも飛石の辺が平行に近い形で繋がっていくのがお解かりになると思います。この平行線が崩れますと、どこから見ても石を無理に曲げてカーブを付けた様に感じられてしまいます。5つの石が1つの景観として成り立たなければなりません為、飛石の配置には細心の組み立てが求められます。 飛石の到達点付近へは、弊社により鳥海石の設置と下草類の植栽を行い、飛石との調和を図っております。

既存庭石の魅力を引き出す砂利敷き空間。曖昧だったお庭の表情がくっきりと浮かび上がりました。

3
大きな既存庭石が砂利敷きによって浮かび上がり、その形や表情をはっきりと見せてくれます。砂利・渡り・庭石は、和風の庭設計におきまして三者一体でなければなりません。1ヵ所に設けたポイントを見てもらうのではなく、隅々に配された庭資材がそれぞれ役者となった1つの風景を考える事が大切です。

既存の庭木レイアウトに馴染む様な砂利ラインによって、庭木と空間が馴染む様な景観に仕立てる事が出来ます。

4
庭石組みや下草ラインを作る事が出来ない部分におきましては、既存庭木の持つ雰囲気に合わせたエッジラインを付けております。エッジラインは強化樹脂製のものを埋め込み、付属のピンを打ち込んで頑丈に固定しております。庭石や低木植栽に頼りきらないシンプルなエッジラインが、最低限に配置された石や草を美しく感じさせてくれます。元のお庭を存分に引き立てる雑草対策を行う事が出来ました。